[印刷 その方法と技術] オフセット印刷・オンデマンド印刷・バリアブル印刷・軽オフ印刷・活版箔押・シルク印刷・その他の出力 石川特殊特急製本株式会社


一冊からの印刷・一冊からの製本|情報ファイリングの総合企業|石川特殊特急製本株式会社

HOME> 印刷> その方法と技術

RSSフィールド 石川特殊特急製本のfacebook Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip FC2


printings 印刷 その方法と技術

オフセット印刷

オフセット印刷

オンデマンド印刷

オンデマンド印刷

バリアブル印刷

バリアブル印刷

軽オフ印刷

軽オフ印刷

活版箔押

活版箔押

シルクスクリーン印刷

シルク印刷

出力

出力

入稿について

入稿について

対応アプリケーション

対応アプリ一覧

入稿用ページ

入稿用ページ

石川特殊特急製本がご提供する印刷方法とテクニカル情報一覧です。


高速化大型化するオフセット印刷機 オフセット印刷

オフセット印刷

版に凹凸のない平版印刷のひとつがオフセット印刷です。

刷版から直接印刷せず、刷版に付いたインキを一旦ゴムのブランケットに転写(off)してから、ブランケットから紙に転写(set)するという行程から、オフセット印刷と呼ばれています。

大豆油インキ等の環境対応型インキが使用でき、パンフレットや雑誌などの、高品質な商業印刷に用いられています。

このように商業目的の多いオフセット印刷は、印刷機も大量に印刷することを目的として設計されているため、個人が発注するには、なかなか敷居の高い印刷です。

CTP CTPのFairdot オフセット印刷

CTP

従来のDTPでは、コンピュータで編集されたデジタルデータから「フィルム製版」→「色校正」の工程を省略して、より早くより安く出来るのが、このCTPによるオフセット印刷です。

「色校正」が出せないのがCTPのネックではありますが、インクジェットプリンタによる出力とのカラーマッチングが可能なため、ほとんどの場合において、イメージ通りのカラーが再現できます。

CTPにより製版フィルムの必要性がなくなりましたが、それにも増して高品位なスクリーン技術で美しい印刷が可能となっています。

通常、オフセット印刷において、アミ点は175線のAMスクリーン使用していますが、写真や絵柄によっては出力モアレや線切れなどが発生してしまいます。

大日本スクリーン製造(株)様が開発したFairdotはインクジェット印刷のようなランダム配列の高精細スクリーンを使い画像品質を安定させるのに成功しています。モアレやジャギー、線切れを防止でき、ディテール表現をクリアに再現できます。また、中間調を鮮やかに発色し、肌の色なども健康的に再現できます。

石川特殊特急製本ではこのFairdotが可能なサーマルプレートレコーダーPlateRiteにも対応しています。

CTPのFairdot オフセット印刷

輪転

50万〜100万部といった大量印刷を高速で印刷する印刷機。輪転機ともいいます。新聞や新聞の折り込みチラシ、雑誌の印刷に利用されています。

石川特殊特急製本では新聞折り込みチラシなどを輪転機で印刷し、配送センターへの納品も承っています。

トップに戻る


オンデマンド印刷

オンデマンド印刷

オンデマンドとは「必要な物を・必要な時に・必要なだけ」という意味で、パソコンの画面で見た物をその場でプリントするという物をオンデマンド印刷と言います。

デジタルデータから印刷するものがすべて、オンデマンド印刷というわけではありません。

オフセット印刷機は大量に印刷することを目的として設計されているため、ほんの少部数印刷するにあたっても、大量部数印刷するときと同じ時間とコストがかかります。そのためなかなか少部数の印刷はコスト的に折り合いがつかず、採算ベースにのらないこともあって避けられてきた分野で、ましてや個人が印刷発注するということはなかなか考えにくいものでした。

石川特殊特急製本の大阪中央支店

コンピュータによる原稿のデジタル化が進み、優れた性能の低価格プリンタの登場によって、印刷はより身近なものとなり10〜20部程度ならその場でプリントアウトして対応できるほどとなりました。しかしながら、300部となるとそう簡単には行かず、ましてや両面となるとかなりの手間がかかるのが現状です。

そこで生まれたのが、冨士ゼロックス(株)様のドキュテックを代表とするオンデマンド印刷機。従来はモノクロのみだったのですが、いま現在ではカラーのオンデマンド印刷機も登場し、その印刷の美しさはオフセット印刷とさほど変わらない域までに達しています。もちろん両面印刷も可能で、仕上がりも言われないかぎり気づくことがないほどです。

石川特殊特急製本の大阪中央支店石川特殊特急製本では、本文印刷に美しいモノクロ用ドキュッテックをはじめ、最新のカラードキュッテックを導入し、お客様の多様なニーズに対応しています。このコーナーでの印刷はすべてこのドキュテックでの提供となります。ですから低コストで少ロットの印刷が可能なのです。また、オンデマンド印刷の優れた特性を活かしてバリアブル印刷にもチカラを入れています。
 

オンデマンド印刷

超高画質写真のオンデマンド印刷

オンデマンド印刷としての絵本・アルバム・建築竣工写真集など、写真や画像中心の印刷をより美しく提供するために、石川特殊特急製本ではキヤノン(株)様のDreamLabo 5000(下写真)を導入。写真印刷で高画質を実現したインクジェット印刷技術を、更に高めた精細で発色に優れた超高画質をオンデマンド印刷としてご利用いただけます。オンデマンド印刷なので以前にご発注いただいているデータからも印刷可能です。(但し画像は、CMYKからRGBへの変換が必要です。)DreamLabo 5000


バリアブル印刷 バリアブル印刷

バリアブル印刷

石川特殊特急製本ではオンデマンド印刷機を利用してバリアブル印刷にも力を入れています。
バリアブル印刷(可変印刷)とは、ページごとに個々の異なる情報(文字や画像)を印刷すること。欧米ではVIP(Variable Information Print)と呼ばれ、お客様一人ひとりにあわせたOne to Oneマーケティングには必要不可欠になっています。

従来のデータベースパブリッシングでは、小ロットに対応した1データ1ドキュメントは可能でしたが、バリアブル印刷では複数データを複数ドキュメント対応が可能で、従来よりさらに幅広い小ロットが可能となっています。

バリアブル印刷

請求書の印刷などはあらかじめ印刷しておいたフォームの上に、顧客名や住所などの情報と請求金額などを印刷するものを帳票印刷、フォーム印刷と呼んでいました。しかし現在ではPC上にあるフォームに各種情報を入力、フォームを含めてすべて印刷するという方法に変わってきました。ですが大量に処理するとなるとなかなか大変です。

石川特殊特急製本ではフォーム印刷などもデータの処理から配送までを一括したアウトソーシングで受注させていただいています。

バリアブル印刷

オンデマンド印刷機のカラー印刷能力が格段に向上し、バリアブル印刷機能を利用して請求書を顧客の個別情報に応じて的確なメッセージを送る販売促進印刷物として使うような使い方も可能となっています。請求書は、顧客が必ず開いて目を通す非常に到達率の高いDMとなります。

このようにオンデマンド印刷機の優れたバリアブル印刷機能を利用し、高速印刷、的確な配送業務まで承っています。また、安心して顧客情報を提供していただくために、プライバシーマークも取得しお客様の大切なデータの流出を厳重に防ぐよう努めています。


ピンクマスターCTPと軽オフ機 軽オフ印刷

軽オフ印刷

以前はタイプライターで印字(清打ち)した原版を版下に、ダイレクトに紙の刷版に焼付け、小型平版印刷機で印刷したため、PTO(PhotoType Offset)印刷と言われました。現在ではパソコン出力などの紙原稿があればページ物もペラ物も簡単安価で印刷が可能です。

ですが、刷版が紙のため大量印刷や刷り増しが利かないため、簡易的なオフセット印刷と位置づけられ、軽オフといわれるようになりました。刷版に紙を用いることから紙版ともいわれています。デジタル対応も登場しており、データから直接版を作るピンクマスターCTPを石川特殊特急製本では導入しています。

写真やグラフなどの網点もきれいな印刷に仕上がります。これは通常の軽オフ紙版より数倍もの印刷が可能となっています。軽オフはオンデマンド印刷とオフセット印刷の中間的存在で、4色のフルカラー印刷などには向いていません。


活版箔押 活版箔押

活版箔押

活版箔押

活版印刷とはハンコなどに代表されるように、印刷される部分が他より一段高くなっており、その部分にインクを付け紙をのせ上から圧力をかけて紙にインクを転写することで印刷する凸版印刷です。
凸版には、鉛版や樹脂版、写真凸版などがあり、これらを総称して活版印刷と呼んでいます。
文字は一つ一つが別々の活字でできており、文字を差し換えたり、印刷が終わった後にバラバラにし新たに別の版を組むことができます。

近年まで書籍、新聞、雑誌など、文字印刷に関するものは大半が活字で印刷されていましたが、設備が大変で取り扱いの面倒な活版印刷は、手軽な写真植字(写植)を使ったオフセット印刷へとその役割を変えていきました。

活版箔押

今では、DTPの発達により写植もほぼその役割を終え、誰でも手軽にいろいろの文字印刷を実現できるようになっています。そうした状況の中、活版印刷はごく限られたものにしか見られなくなってしまいました。

石川特殊特急製本ではその希少な活字を保有しており、表紙を飾る金文字箔押のための凸版に利用しています。鉛の凸版を作るより遥かにスピーディ、ローコストでご利用いただけます。

ご利用いただける書体等の詳しい情報は、論文製本専用サイトの活版箔押しのページをご参照ください。


シルクスクリーン印刷 シルクスクリーン印刷

シルクスクリーン印刷

少し前に流行った理想科学工業(株)様の製品「プリントゴッコ」のような形式の印刷をシルクスクリーン印刷といいます。シルクスクリーン印刷は版画のように印刷する色を作って刷りますので、美しい発色が得られます。しかし一版に対して一色しか使用できないため、シルクスクリーン印刷で多色刷りする場合はその数だけ版が必要になり高価になってしまいます。

シルクスクリーン印刷はTシャツ、タペストリーなど布地のほか、ガラス、プラスチックなどへの印刷が可能で、ステッカーなど耐光性の必要なものにもよく利用されています。

最近ではインクジェットによる布地などへの出力が可能となって、少部数の時にはコスト面でも大幅な開きがあるため、シルクスクリーン印刷の仕事の巾が狭くなってきていますが、美しい発色には変えがたいものがあり、シルクスクリーン印刷は今でも根強い人気があります。

厚盛り印刷

厚盛り印刷は印刷表面全体ではなく、図形やロゴなど部分的に粘着性のあるインクを用いて、盛り上げる方法です。厚盛り印刷には、樹脂パウダーを振りかけて加熱で膨らませる方法と、揮発性物質をマイクロカプセル化して加熱、更に発泡して盛り上げる方法があります。厚盛り印刷は最大100ミクロン盛り上がります。

※写真はイメージです。

点字印刷

点字印刷は視覚障害者のための点字をスクリーン印刷することをいいます。点字印刷には、紙に直接エンボス加工する方法もあります。主に点字印刷は、UVオフセット印刷したあと厚盛り印刷するものをいいます。

リオトーン印刷

リオトーン印刷は疑似エッチングの一種です。メタル系の用紙に印刷することで表面がざらつく鋼板のようになります。リオトーンインクでシルクスクリーン印刷します。

※写真はイメージです。

スクラッチ印刷

スクラッチ印刷は文字や図柄などを隠すことができる印刷です。くじ引きやゲームなどに用いられています。隠したい部分にオフセット印刷でOPニスを引いて、その上にスクラッチインクで印刷します。

トップに戻る


大型出力 出力

出力

石川特殊特急製本では各種データからの出力ができます。プレゼン用のカラーコピー出力から印刷時の製版用分版フィルム、画像データの35㎜スライド化、駅構内のアンドン型大型コルトンフィルムなどの大型出力、大型図面出力、大量モノクロコピーなど、ご要望に応じてベストな出力をご提供いたします。

フィルム出力

石川特殊特急製本では印刷時の製版用分版フィルムはもちろん、画像データの35㎜スライドフィルム、駅構内のアンドン型大型コルトンフィルムなどの出力にも対応しています。ご要望の製品にあわせてベストな出力を提案いたします。

大型プロッター出力

屋外ポスターや掲示板、電飾看板、のぼり、タペストリーなどさまざまな用途で活用できます。出力サイズも1,524㎜x無限大が可能。コート紙、キャンバス、ビニール、防火クロスなど用紙も柔軟に対応できます。パネルやラミネート加工も承っています。

HP-5000ps

出力サイズ:1,524㎜x無限大。色あせやにじみが起こりにくい顔料インクが選択でき、屋外ポスターや掲示板、電照看板などさまざまな用途で活用できます。コート紙、キャンバス、ビニール、防火クロスなど用紙も柔軟に対応できます。

HP-1050c

出力サイズ:914㎜x無限大。写真画質とは違い、図面や地図などラインが美しい超高速プリンタです。細かい線をクッキリと、小さな文字もハッキリと表現できます。普通紙からトレーシングペーパー、コート紙、クリアフィルムなどへの用紙に対応しています。

図面出力

AutoCAD、JW、CAD、VectorWorks、DRA-CADの図面データやTIFF、PDF、HP-GL、PLTファイルの出力も万全です。また、地図などの細線や小さな文字もハッキリと美しく出力できます。普通紙からトレシングペーパー、フィルムなど様々な用紙に対応しており、出力サイズも914mm×無限大という大型出力ができます。

アプリケーションやロール紙による制限があります。

コピー出力 出力

コピー出力

最近では機器類の発達は目覚ましく、ついこの前までは社内導入に躊躇していたような高性能のカラーコピー機も、フルカラーデジタル複合機などを導入できるくらい低価格化が進んでいます。

ですが、会議のためにカラー出力を社内で大量に揃えなくてはならない場合、思いの外、時間と労力がかかります。A3より大きいサイズになると簡単にはいきません。

カラーコピー出力

大判カラーコピーはもちろん、会議のためのカラー出力など、社内で賄える昨今ではありますが、大量に揃えなくてはならない場合、思いの外、時間と労力が必要です。当社ではお客様からのデータからの出力やパンフレットからのダイレクトカラーコピーなど、迅速にかつ、美しく提供できます。

PPCモノクロコピー

大量の資料などを同じ規格サイズにコピーし、仕上げるのは簡単にできるものではありません。そのような悩みは当社にお任せください。あらゆるサイズの入力が可能で、全ての資料がすっきりサイズにコピーできます。また、それらを一冊の本に仕上げることも。

ジアゾコピー

青写真から乾式ジアゾ複写のカット判焼付など、工業・建築分野でスタンダードなコピー方式。青写真、ブループリントというように、仕上がりが青色でとても見やすく、大型図面では価格が安く手軽なことから、図面を扱う各分野では、現在でも需要がつきることはありません。

インクジェット 出力

インクジェット出力

石川特殊特急製本では、低価格のインクジェットプリンタでは出力できない大型のものから一般的なサイズのものまで、お客様のご要望に応じてフォトプリントの出力、製本も行っています。

トップに戻る

印刷の種類:オフセット印刷・オンデマンド印刷・バリアブル印刷・軽オフ印刷・活版箔押・シルクスクリーン印刷・その他のアウトプット


HOME>

印刷

>

その方法と技術


プライバシーマーク

石川特殊特急製本株式会社

本社:大阪市中央区 電話:06-6762-5851(代) FAX:06-6764-4181

東京支店 横浜支店 名古屋支店 京都支店 東大阪支店 神戸支店 九州支店 デジタル事業部 MIDセンター

ISO14001認証取得 登録番号:02ER・221
プライバシーマーク:16190153(07) JISQ15001:2006準拠

個人情報の開示等 個人情報保護方針 ホットニュース RSSフィールド 採用情報 印刷 製本 デジタルファイリング 企画・営業 会社案内 サイトマップ お問合せ

Copyright © 2017. Ishikawa Special Express Binding Co., Ltd. All Rights Reserved